レジェンドナイン.COMは、オンラインプロ野球ゲーム「レジェンドナイン」のデータベース&攻略サイトです。

レジェンドナイン.COM
レジェンドナインとは
選手データ情報
デッキボーナス情報
能力ランキング
ゲームパッド情報
レジェンドナイン動画
球種解説
レジェンドナイン掲示板
レジェンドナインQ&A
人気投票
リンク

プレステ2のコントローラ(ゲームパッド)でレジェンドナインをプレイしよう!

レジェンドナイン.COM > コントローラでプレイしよう!

レジェンドナインは、コントローラ(ゲームパッド)を使ってプレイすることをおすすめします!

 キーボードを使ってレジェンドナインをプレイされている方はたくさんいると思いますが、個人的にはゲームパッドでプレイすることを強くお勧めします。理由は、ゲームパッドのほうが斜め移動しやすいとかいろいろありますが、一番の理由は・・・キーボードの「W」ボタンを守るためです(笑)

 レジェンドナインはプレイの性質上、走塁時にも守備時にも「W」ボタンを連打することになります(しかも力が入ることが多い)が、キーボードは度重なる連打に耐えれるように作ってあるわけではありません。当然、「W」ボタンを酷使すると何らかの不具合が発生する可能性があります。実際に管理人は「W」ボタンではありませんが、「→」ボタンが利かなくなりました・・・orz

 仮に「W」ボタンを押しすぎてつぶしてしまった場合、キーボードを買い換えなければいけなくなりますが、早いうちにコントローラ(ゲームパッド)を使ってプレイするようにすれば、そのような心配をする必要はありません。

 しかもプレスレのコントローラ(ゲームパッド)をお持ちの方であれば、1000円程度のコンバータ(コントローラとパソコンをつなぐケーブル)を1つ用意するだけで、コントローラ(ゲームパッド)プレイが可能になるのです。

 では、これから導入方法をご説明させていただきますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。本当に簡単に導入できます。

@必要なものを手元に揃える

 レジェンドナインでコントローラ(ゲームパッド)プレイをするために用意していただくのは、コンバータとコントローラ(ゲームパッド)の2つだけです。まずはこれをお手元にご用意ください。

コンバータ(パソコンとコントローラをつなぐケーブル)
管理人が使っているコンバータ
コントローラまたはゲームパッド
管理人が使っているPS2のコントローラ

 PS2のコントローラは、他のゲームパッドよりも耐久性・操作性に優れていますのでおすすめです。

コンバータとコントローラ

Aコンバータとコントローラ(ゲームパッド)をつなげて、パソコンのUSBポートに差し込む

コンバータとコントローラ2

 それではまず、コントローラ(ゲームパッド)とコンバータをつなげてください。お互いを簡単に差し込むだけでOKです。

 2つをつなぎ終えたらコンバータのプラグを、パソコンのUSBポートに差し込んでください。よほど古いパソコンでない限り差し込むと自動で認識してくれますので、特に何かする必要はありません。処理が終わるまで待ちましょう。

 残すはソフトウェアの設定だけですので、準備が出来ましたら下に進んでください。



Bjoy to keyをダウンロードして、ボタン設定する

 こちらのダウンロードページでjoy to keyというソフトウェアをダウンロードします(もちろん無料です)ダウンロードしたら「JoyToKey.exe」というファイルをダブルクリックして、ソフトを立ち上げてください(注・コンバータをつなげた状態で作業してください)

 すると右のような画面が出てきたと思いますが、この画面がボタン設定の画面となります。それでは練習として、管理人が実際に使っているボタン配置で設定してみましょう。

joy to keyの設定画面1

 では画面の下のほうの【簡易設定ウィザード】というボタンをクリックしてください。すると右のような画面が出てくると思いますので、「←、→、↑、↓、A、S、W、D、Q、Z、E、C、Ctrl、X」の順番でキー入力してください。最後のXのキー入力が終わりましたら、【設定終了】ボタンを押してください。

joy to keyの設定画面2

 すると右のような画面が出てくると思います。これで一応設定完了となりますので、実際にプレイしてみて、直したいところは各自で設定を修正するようにしてください。

 修正の方法は、修正したいボタンの上をダブルクリックすると個別の設定画面がポップアップしますので、割り当てたいキーに変更するだけです。

 簡単に変更可能ですので、いろんな設定を試してみて、一番しっくりくるものを見つけてください。

joy to keyの設定画面3

 ちなみに管理人は、走塁時や守備時に「W」ボタンを連打するのは疲れますので、連打設定をしています。

 「W」ボタン上でダブルクリックすると右のような画面がポップアップされますので、下のほうの【自動連射機能】という矢印を動かすことによってお好みの連射回数に設定することが出来ます。

 これを設定しておくと、Wボタンを押し続けるだけでダッシュしてくれますので、連打地獄から開放されます。

joy to keyの設定画面3

 なお、割り当てるボタンとプレステは右の図のように対応していますので、設定を変更される方は参考にしてください。

 先ほど設定したボタンですと、@はAとなり、バッティング時にはアッパースイングになりますし、FはEとなり、走塁時には走者をいっせいに帰塁させます。

 なお、レジェンドナインのボタンの割り振り一覧は、公式ページ→ゲームガイド→操作方法にありますので、設定の際は合わせてご確認ください。

 以上でjoy to keyの設定は完了となります。

joy to keyの設定画面4

Cjoy to keyを終了させずに、そのままレジェンドナインのゲームを始める

 全ての設定が完了したら、joy to keyを終了させずにゲームを開始します。終了させてしまうとコントローラ(ゲームパッド)を認識しませんのでご注意ください。右上の最小化ボタン画像ボタンをクリックして最小化するのは構いません。

 以上で全ての設定が完了です。コントローラ(ゲームパッド)を使って、思う存分、レジェンドナインを楽しんでください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【管理人おすすめのコンバータとコントローラ】
コンバータ(パソコンとコントローラをつなぐケーブル)管理人が使っているコンバータ
コントローラまたはゲームパッド管理人が使っているPS2のコントローラ

topへ